超コンパクトなPD対応充電器「Anker Nano Ⅱ 65W」を買ってみました

ノートPCを持ち運んで使用する際に長時間使用する場合には充電器も持ち運ぶ必要があります。
しかし、ノートPCに付属している充電器は大きくて重たいですよね?

そこで超コンパクトで話題のPD対応充電器を購入してノートPCの持ち運びを快適にしたいと思います。




購入したもの

購入したものは「Anker Nano Ⅱ 65W」です。
私のノートPCは通常は専用の充電口からの充電ですが、USB Type-C(以下、Type-C)コネクタからも充電できると説明書にあります。
もし、Type-Cコネクタから充電が出来ない場合はプラグの変換プラグを購入すれば良いかと思い試してみることにしました。

Anker Nano Ⅱ 65W

ケーブルも必要なため、100W対応タイプを選択しました。
こちらは、供給電力を確認したかったので電力表示ができるものにしています。


AMAZONで確認するには下記リンクをどうぞ


外観

充電器は、サイズ的にはコンパクトでiPhoneの充電器を大きくしたような感じです。
持った感じはサイズの割には重量があり、表面の仕上げは高級感があります。

プラグ部分は折りたたみが可能で持ち運びにはちょっとしたスペースに入れるときに邪魔になりません。

プラグが出た状態
プラグを折り畳んだ状態

ケーブルは、Type-C⇔Type-Cで、電力表示窓があるものを選びました。(表示は片側のコネクタのみ)

PD充電をしているときには’PD’と表示されます。

使ってみました

まず、目的のノートPC(Lenovo IdeaPad)を充電してみました。
電力の表示窓に充電中の電力が表示されました。
電源を入れていない状態では、約20W程度で充電されていました。
この状態でしばらく使用してみましたが、充電器はほんのり暖かくなる程度です。

次にノートPCの電源を入れて見ました。
電力はかなりばらつきがあり、約20W~54W程度まで変化しています。
見ている感じでは最大で56W程度でした。

充電器は結構熱くなっていましたが、火傷するほどではありません。(ずっと触ってたら低温やけどのおそれはありそうです)
しかし、純正の充電器とおぼ同じ程度の温度だと思いますので問題は無いと思います。

特徴

まず、超コンパクトであるということで持ち運びが快適です。
このシリーズには、あと45Wモデルと30Wモデルがあり、第二世代のGaN(窒化ガリウム)を搭載しています。

【メリット】

  • コンパクト設計
  • 65Wの大出力
  • 高級感がありおしゃれ
  • プラグが折りたたみ可能

【デメリット】

  • 熱くなる(火傷するほどではない)
  • PPS充電非対応

ケーブルについては、「USAMS」というブランドのナイロン編込みケーブルで表示付きです。

【メリット】

  • PD充電100W/5Aまで対応
  • 電力表示付き
  • 高耐久のナイロン編込みケーブル

【デメリット】

  • コネクタ部が若干大きい
  • ケーブルが少し硬め

充電器は、このサイズで65Wと大出力であり、Lenovo IdeaPad以外にもMacBook Proやスマートフォンの急速充電に対応できます。
プラグが折り畳めるため、持ち運び時に邪魔にならず、コンパクトに収納できます。
ケーブルはコネクタが表示機付きのため若干大きいですが、それほど邪魔になるわけではなく、ケーブルタイ付きで持ち運びの際も束ねておけるためコンパクトです。
また、充電を制御して充電スピードを自動調整して最適に保つ機能やE-markerスマートチップを搭載して安全に充電する機能があるようです。(効果の程はわかりませんが・・・)

最後に

思っていた以上に高級感がありコンパクトで持ち運びが大変楽になりました。
このサイズで65Wの供給ができるため、様々な機器の充電を行うことができると思います。
1台持っておいて損はないものだと思います。

ただ、通常のUSB端子(USB A)で充電する機器もまだ結構あるため、通常のUSB端子も搭載されていれば更に便利だろうと思います。(大きくなってしまいますが。。。)
今後、ケーブルを変えたら充電時間が変わるのかなど検証してみたいと思います。