トラックボールを使ってみることにしました

これまでマウスしか使用したことがありませんでしたが、ずっとトラックボールが気になっていました。
一般的にはマウス派が多いと思いますが、最近ではトラックボール派も周りで見るようになってきました。
トラックボールと言っても種類があり、使い勝手も違うと思いますが今回使用したもので感想を書いてみたいと思います。




トラックボールとは

トラックボールは、マウスと同じくポインティングデバイスの一種です。
マウスが手で動かして使用するのに対して、トラックボールは上または横についているボールを転がして操作します。

最近のマウスは光学マウスが一般的ですが、ひと昔のマウスは下にボールが付いていましたが、そのボールが上についているようなものです。
昔の機器には結構トラックボールもついていましたが、最近ではマウスが主流になってパソコンの標準としてはマウスになっています。

購入したトラックボール

今回購入したものはエレコムのM-DT1DRという無線式のトラックボールです。
これは、ボールが上にあり、人差し指で操作して、クリックやホイール操作を親指で操作します。

ボールを親指で操作するタイプやボタンの配置が違うものなど様々ですが、人差し指で操作してみたかったのでこれを選びました。

メーカは、エレコムの他にもロジクールやケンジントンなどあり、どちらかというとケンジントンを使ってみたかったのですが近くの店舗においていなくて実際に触ってみることが出来ず、無難に触ってみて確認したものを購入しました。

使ってみて思ったこと

慣れるまでは、つい本体を動かしてしまいギクシャクしていましたが慣れるとそこそこスムーズに操作できるようになりました。

DPIの切り替えも側面にスイッチが有り、すぐに切り替えることが出来ます。
形状も手にフィットしやすい形状であまり疲れることはなさそうです。

ただ、側面の左ボタンの上に送り・戻りのボタンがあり、つい触ってしまう誤操作をしやすいです。
また、右ボタンが比較的細いので、ドラッグしている最中に離れてしまうこともありました。

ただ、付属のソフトでボタンの割付は自由にできるため、好みのボタンを割り付けて使用することが出来ます。

気になるところ

全体的には、手にフィットして使いやすいのですが、私が慣れていないことも含めていますが気になったところです。

  • 送り・戻りのボタンが軽い
    誤操作しやすいのでもう少し重くても良いと思いました。
  • ホイールが小さい
    同程度の大きさのマウスに比べてホイールが小さく操作が少しやりにくいと感じました。
  • 右ボタンが細い
    ドラッグ中に離れてしまうことがあるのでもう少し太い形状が良いと思いました。
  • ボールが少し引っかかる
    ボールを操作時に少しグリップがあるような引っ掛かり(表現が分かりにくいですが)があり細かい操作がやりにくいです。

どのトラックボールでも同じというような内容もあると思いますので、あくまで私個人の感想です。
ただし、ボタンの自由な割付や、DPIの切り替えスイッチ、動作のHigh/Low切り替えスイッチなど、状況に合わせて切り替えることが出来るので良いと思います。
また、ボールは簡単に取り外して掃除できますが、ひっくり返して落ちることはなく持ち運びも問題ありません。

最後に

全体的に見ると、価格は5,000円弱と安価でこれだけの性能であれば十分だと思います。
ケンジントンは使ってみたいですが、値段が高いため、なかなか手が出そうにありません。

手軽に持ち運びながら使うのにはサイズ的にも良いと思います。(実際持ち運びながら使っています)

もう少し慣れると素早く目的の位置にカーソルを持っていくことが出来るようになると思いますが、まだまだ慣れが必要なようです。
ただ手の動きは最小限に抑えられるのでマウスほど素早くは厳しいかもしれませんが、総合的に手が疲れないのかもしれません。