初心者でも簡単にプロ並みの動画が簡単に作成できるFlexClipを使ってみました

これまで、動画編集ソフトを紹介していますが、今回は出来るだけ簡単にオンラインでプロ並みの動画を作成できるFlexClipを使ってみました。
操作がシンプルでオンラインで編集できるため、ソフトのインストールが不要でPCの容量を圧迫せず、テンプレートや素材も用意されているので初心者でも本格的な動画が作成できます。
私のような動画初心者が使用しても簡単に作成が出来そうですので早速使用してみました。

概要

FlexClipは、「PearlMountain Limited」というメーカの製品で、他には写真編集や、ロゴメーカ、グラフィックデザインソフトを販売しているようです。
画像や動画が専門のあらゆるツールを提供されています。

FlexClipは、ソフトのインストールが不要なため、通信環境とブラウザ(Chrome)があれば、早速使用することが出来ます。
編集に必要なブラウザはGoogle Chromeのため、Chromeがインストールされていない場合は、インストールが必要になります。

プラン

使用にあたっては、無料から使用できますが、有料プランも3つ用意されています。
それぞれ制限の内容が変わってきます。

人気のプランは、「プラスプラン」ですが、通常使うには一番おすすめかもしれません。
無料プランは、他の動画編集ソフトでも同じですが、機能制限があるため、お試し程度と考えた方が良いと思います。

使い方

実際に使用してみました。

まずは、ブラウザでFlexClipのアドレスを入力して開きます。
https://www.flexclip.com/jp/

「テンプレートで作成」または、「新規プロジェクトを作成」のどちらかで作成を開始します。
ただし、実際に使用して、保存や書き出しを行うためには、FlexClipのアカウントが必要になります。

上記の「保存」または「エクスポート」をクリックすると、ログインしていない場合、下記の画面になります。

アカウントがない場合は、ここで作成が出来ます。
サインアップは、「メールアドレス」の他に「Facebook」や「Google」アカウントでサインアップが出来るようです。
私は今回、メールアドレスでサインアップをしました。

サインアップの後、有料プランを選択するのでしたら、プランの購入を行います。

その後、引き続き作業が出来ます。
私は、テンプレートで作成しましたので、様々なカテゴリーの用意されているテンプレートから、クリスマスのテンプレートでテストしてみました。

テンプレートを選択すると、タイムラインにテンプレートがセットされます。
そこから、メディアの追加を行い、テキストやカバーを追加していくことが出来ます。

テキストのデザインやカバーの種類、背景、音楽などの素材は結構豊富に用意されていて、選択するだけで使用できます。
下記がそれぞれ素材の一部です。

テキスト

テキストのデザインや表示パターンなどが豊富にあります。
カバーや素子?として、矢印やマークなども用意されています。

カバー
素子

背景は、動画で用意されています。

背景
音楽

音楽は、ローカルに保存してある自前の音楽を使用するか、用意されている素材から使用することが出来ます。

ストックされている音楽
透かし

透かしは、テキストと画像を選択して設定できます。
また、画面比率は、新規プロジェクトの作成では、最初に選択できますが、選択し直すことが出来ます。

画面比率

編集が終われば、「エクスポート」をクリックして、動画を書き出すことが出来ます。
そのまま、動画がダウンロードされて、完了となります。

そのまま、Youtubeにアップロードすることも可能です。

その他、「メディア」の挿入に加えて、カメラでの録画や、PC画面の録画ができます。
PC画面の録画は、先日紹介したツールのように、画面をそのまま録画することが出来ます。

画面録画は、2画面にも対応していて、全画面、アプリケーションウィンドウ、Chromeタブから選択できます。

作成したプロジェクトは、自分のプロジェクトとして、オンライン上で保存されていてブラウザでいつでも確認が出来ます。(保存できる数はプランによります)

このように、非常に簡単に素早くオンライン上で編集し動画が製作可能です。

使ってみての感想

私は、ビジネスプランを使用してみましたが、実際に使用してみて良いと感じた点、不便と感じた点を挙げておきます。

良かった点

  • シンプルで初心者でも簡単に使用できる
  • ソフトのインストールの必要がない
  • 動画がオンラインで編集できる
  • 録画機能(カメラ、PC画面)がある
  • オンライン上にプロジェクトの保存が出来る
  • 素材が豊富に用意されている
  • テンプレートが豊富に用意されている
  • 素材のみでそこそこの動画が製作可能

不便と感じた点

  • 動画編集に通信環境が必要
  • 本格的な動画編集には不向き
  • フォントの種類が不足気味
  • 文字の装飾が少ない
  • メディアの読み込みに対応している動画形式が少ない
  • 似たような動画になりやすい
  • 動画の書き出しに時間がかかる

簡単に動画やスライドショーを作成するには、非常に便利で簡単に作成することが出来ると思います。
インストールの必要がないため、パソコンが変わっても編集が続行できるのがオンラインのメリットですね。
ただし、インターネット環境がない場所では編集が出来なくなるため、注意が必要です。

これからはますます動画を作成する機会が増えてくると思います。
初心者で動画を作成するには、特におすすめなツールだと思います。

このツールを使用して、テストで作成した動画をYoutubeにアップロードしてみました。
テスト的に少し触りながら使用してみただけですので、簡単な動画ですが、ほとんど何も考えずに作成が出来ました。

これからクリスマスやお正月がやってきますので、記録動画作成を簡単に、楽しく作成してみたいと思います。